お客様訪問聴こう

お客様訪問聴こう<<

12インチ同軸にこだわった!

○住 所: 北海道江別市 K宅(アリ)
○スピーカー:

アルテック.601B(箱:614銀箱
ジェンセン.H225(箱:バスフレックス

○アンプ: ラックス.SQ-38F
○CDプレイヤー: ソニー.CDP-555ESA
 

K氏は40才の会社員、実はノースサウンドを気に入って足を運んでいるうちに「アリ地獄」に落っこちてしまった「アリ」です。 このホームページの制作も担当してます・・・今後とも宜しく!、そんな訳で「お客様訪問聴こう」の第一弾はアリが担当いたします。

ささやかなリスニングスペースは和室6畳間にピアノとテレビゲームが同居した(子供部屋)です、アリは学生時代から50〜60年代のJazzを中心にロック・ポップスなどを聴いています、20歳台はオーディオ全盛でアリも当時JBL.4560BKAというPA用の箱に130Aをぶち込み2420ドライバー+2345ホーンでブイブイやってました。

その後、結婚→育児といったなか、音楽を聴く時間も場所もなく、いつしか自慢のオーディオもレコードも手放してしまった・・・という、よくあるパターン。

5年前、アリ塚(家)を建てるにあたりサラウンド!、5チャンネル!、BOSE!ということでLS12というサラウンドシステムを購入しました、当時限定生産で25万円くらいでした。サラウンドで映画、プラス音楽鑑賞に最適!これは一生物と大事に使っていたのです。

売り払ったレコードをCDで買い戻して聴いているうちに、なんか変???昔はこんなんでなかったぞ、聴けば聴くほど疑問が深まりはじめました、ピアノのアタック音はキチッと出るけど胴の響きがかき消される、ボーカルの肉質(温かさ)が感じられない、誇張しすぎた重低音、音は悪くないけど音楽が楽しく聴けない。

そんな疑問を確かめるべく札幌の大手オーディオショップに足を運ぶことしばし、確かに1本100万円もするスピーカーで聴けば納得満足、しかしオーディオで飯を食っているわけでもあるまいし、こんな高価な大がかりな物など必要もないし買えるわけもなし、だいたい好きで聴く音楽は古いJazzがほとんど、ならばヴィンテージオーディオの世界しかない!

ノースサウンドはそんなアリの願いを一発で叶えてくれました、そこにはアルテックの601Bとの再会です、601Bはアルテックの12インチ同軸ユニットの初期モデル601Aの2代目です、ツィーターの3000H相当を同軸上に配したモデルです、同軸といえば15インチの604A〜Hが有名ですがボーカルはこの601ユニットにはかないません。

601は学生の頃1回だけ見て聴いたことがありました、多感な歳のアリは涙して聞き入ってしまった想いでがあります(普段は聴かないオペラでした)。現在、自宅ではノースサウンド製の箱(614銀箱)に入れて、ジェンセンのバスフレックスの上で歌っています。

JBLが好きでしたが、M宅で聴かされたジェンセンなるメーカーのA-12(違ったような気もする)から出てくるピアノのリアルさにたまげてしまう、音の切れの鋭さ、弾むテンポ!、聞き手を退屈されないエレガントな音、JBLとはまた違った魅惑的な音、意外性を醸し出すデザイン・・・アリは40才を目の前にして子供のようにジェンセンに恋してしまう。

今のお嫁さんはジェンセンのH225という同軸2wayのユニットです、仙台のA氏から厚意で譲っていただいた物です、H222は民生用でこのH225はプロユースタイプで珍しいそうです・・・私にはその辺よくわかりませんが、ピアノと管楽器は気持ちよくドライブします、特に古いJazzを生々しく聴かせるのが得意!・・・しかし、譲っていただいたこのユニットがくせ者!、どの箱に入れても中高音がキーキーとけたたましいほど煩いのです。

ある日ノースサウンドにから緊急電話、駆けつけるとジェンセンのバスフレックス(ノースサウンド製)に納められているではありませんか、そこからの音はバランスよく下まで伸びた低域に支えられて臨場感抜群、高音のキーキーも収まりトランペットの金属感、ピアノの胴の響きがとてもスリリングに鳴り響いていました。

大げさなシステムにしたくない割には分相応以上に膨れてしまったスピーカーたち、アンプはシンプルにラックスのSQ-38Fです、SQ-38FDよりも一つ前の製品となり今から40年ほど前の製品になります、しかし古さを感じさせないどころか、芳醇な響きと芯のあるドライブ力は現代ソースを鳴らしてもビクともしません。

ピックアップ部分のCDプレイヤーはソニーのCDP-555ESA、かなりの妥協で暫定的に使っている感じです。今後フィリップス・マランツ・デノン・CEC社の物に変更していきそう。

今後のバージョンアップに胸躍らせながら、働きアリは今日も働き続けるのでした◎◎。

 


Copyright North-Sound.pro, All right